釧路アイスホッケービアリーグについて | About us

釧路アイスホッケービアリーグ

主催 株式会社 プロフォーマンス
設立年 2014年
開催リンク 春採アイスアリーナ、柳町アリーナ、日本製紙アリーナ
登録者数 約 360 名(2019年7月現在)
登録チーム数 21 チーム (2019年7月現在)

釧路ビアリーグ2020 概要

クラス数 5 ディビジョン、各ディビジョン 4~5チーム
試合数 レギュラーリーグ8試合、プレイオフ(トーナメント形式)最大3試合
試合時間 15分アバウトランニングタイム×3ピリオド
参加資格 スポーツ保険加入済み20歳以上の初心者から経験者まで
参加単位 チームでの参加、個人での参加が可能(もちろんグループでの参加もOK!)
参加費用 15,000円 (税別)
お問い合わせ お問い合わせはこちらから

釧路ビアリーグの理念

大人が安全に楽しめるスポーツ環境を創り様々な地域課題の解決に繋げる。

高齢者でも楽しめるスポーツ環境を創り競技の発展および生涯スポーツ化を図り、健康維持・増進による医療費の削減に繋げる。また大人が楽しむことで資金が生まれ、少子化による青少年スポーツ機会の減少や悪化するスポーツ環境の改善に充てられる仕組みを創る。

釧路ビアリーグの魅力

大人が子供のように楽しめる環境、それが釧路ビアリーグ最大の魅力です。

ゴールや勝利を華やかに演出する音楽やライティングのみならず、ゴールやポイントランキング争いが一目でわかるスタッツWEBサイト、ゲーム写真、ハイライトビデオ、優勝カップ&優勝キャップ、シーズン最後のアワードパーティーなどまるで自分がプロ選手になったような気分で競技を楽しむことができます。ここまでこだわったビアリーグは世界中に存在しないであろうと考えています。

目指すは「世界一のビアリーグ」

リーグの目標

  • ボディチェック等危険な行為を厳禁し、参加者が楽しく怪我無く、安全に競技を楽しめる環境を創る
  • 生涯スポーツとして競技を確立する
  • 年々減少傾向にあるレフェリー育成を行い、レフェリー人口の増加を図る
  • 競技人口増加を図り、将来年齢別のビアリーグ国際大会を開催する

リーグの活動方針

  • とにかく大人が童心に返りおもいっきり楽しく汗をかけるリーグを目指す
  • 初心者から経験者、個人からグループまで老若男女誰もが「やってみるかな?」と気軽に参加できるリーグを目指す
  • 参加者が「次の試合はいつ?」と試合が待ち遠しくなるリーグを目指す

パートナーシップ

釧路ビアリーグが目指す各企業との連携は、その連携が相互に社会的および経済的利益を生み競技の発展、地域の活性化に繋げていくものです。

リーグが育てば連携する企業が潤い、企業が潤えばリーグが更に活性化しスポーツが育ちます。スポーツによって街が活気づき、スポーツによってビジネスが育ち、選手育成のための資金が生まれ競技を育てます。欧米諸国ではごくあたり前の図式ですが、日本ではまだ「スポーツ」に関わるビジネスへの理解はとてもシビアです。

これは我々のチャレンジです。日本の図式を変えることができるなら日本アイスホッケー界のみならず日本スポーツ全体の明るい未来に繋がっていくことでしょう。大人が楽しめる環境を作り、楽しむ大人を見て子供が育ち、競技者が増え、その競技者がプロチームを支え、プロチームは子供達に夢を与え、エリート選手を育成し日本代表を強くし、その活躍は国民に勇気と希望を与えます。釧路を愛する皆様、そしてアイスホッケーを愛する皆様にとって、もしもこの我々の壮大な計画にほんの少しでも「未来」を感じて頂けたのであれば、「釧路ビアリーグとの連携」をご検討いただければ幸いです。

パートナーシップについて

ルール

PDFファイルについて

本ページ上で提供しているファイルにはPDFファイルが含まれており、それらをご確認いただくためにはアドビリーダーなどの「PDF閲覧ソフト」が必要です。
「PDF閲覧ソフト」をお持ちでない方は、下記[Get ADOBE READER]のボタンをクリックして、お使いの端末に適したアドビリーダーをダウンロード・インストールして閲覧ください。

Get Adobe Reader

申し込み/お問い合わせ