ニュース一覧 | What's New

信金A強し!GT見事逆転勝利!
信金A強し!GT見事逆転勝利!信金A強し!GT見事逆転勝利!

信金バンクスA vs レンタリース 7-4

信金Aは巧みなパスワークで大量7得点の猛攻をみせ勝利を手にした。中でも#44小笠原はチームに勢いをもたらす先制点を含む2G2Aとこの日も大暴れ。勝利に大きく貢献した。またゲームベストプレーヤーにも選出された#7畠山もPSゴールを決めるなど2G1Aの活躍をみせた。少ない人数ながらも相手をうまくかわした信金Aは開幕から3連勝を飾った。レンタリースは第3ピリオドに#77田村のゴールなど3得点奪い追撃するものの及ばなかった。

NorthStars vs GT 2-3

2点を追うGTは第2ピリオド10:41#17湊のゴールで1点差まで詰め寄ると、第3ピリオド5:49、再び湊がゴールを奪い同点に追いつく。勢いが増すGT攻撃陣はその後も攻撃の手を緩めない。3ピリ13:29懸命に守るNorthStarsの一瞬の隙をつき#24k-yamaneからラストパスを受けた#71kが最後は押し込み見事逆転に成功し、勝利を手にした。NorthStarsは攻め込まれる時間帯が多い中でも守護神福田が好セーブを連発。攻撃はチャンスを作るがフィニッシュまでもっていけず得点を重ねることができなかった。




釧路市役所今季初勝利!SLK,LIGHTNINGは引き分け
釧路市役所今季初勝利!SLK,LIGHTNINGは引き分け釧路市役所今季初勝利!SLK,LIGHTNINGは引き分け

SILK vs LIGHTNING

互いに譲らない好ゲームは引き分けに終わった。ゲームベストプレーヤーにも選出されたLIGHTNING#20ヒロは先制点を含む2Gの活躍をみせた。今季初出場の#87森本も2Gをマークしたり、#34大本や#13柴田といった下級生も得点に絡んだりするなど試合を重ねる度に攻撃力が上がってきている。一方のSILKは後半怒濤の攻撃で同点に追いつき勝ち点1を手にした。この試合も#72村山が4Gを挙げ好調をキープ。ゴールランクもトップを走る。また蝋山も3Aをマークしこちらもアシストランクトップへ一気に上り詰めた。

釧路市役所 vs ブリュンヒルデ 7-4

第3ピリオドのゴールラッシュで一気に釧路市役所がブリュンヒルデを突き放し釧路市役所が今季初勝利を飾った。中でも釧路市役所#79甲斐はハットトリックの大活躍で勝利に大きく貢献した。7得点目を決めた#66古村は上手くゴーリーをかわし華麗にゴールを決めた。古村は今季初ゴールをマーク。ブリュンヒルデは#41コーショーのP.Sゴールや#88高田のショートハンドゴールなどもあり2ピリまで食らい付くが、疲労が見えた3ピリ突き放された。




政輝通商とスラッシャーズ勝ち点1、太平洋設備快勝!!
政輝通商とスラッシャーズ勝ち点1、太平洋設備快勝!!政輝通商とスラッシャーズ勝ち点1、太平洋設備快勝!!

政輝通商 vs スラッシャーズ 1-1

政輝通商は#71平川と#88小島を攻撃の軸としスラッシャーズゴールを脅かす。だが1ピリ、2ピリと10本以上シュートを放つがゴールラインを割ることができない。政輝通商が得点できずにいると、逆にスラッシャーズ#15新保がゴールを決めスラッシャーズが先制する。このまま終わるかと思ったが、3ピリ12:10政輝通商#24内藤が貴重な同点ゴールを決めゲームを振り出しに戻す。その後の試合はスコアは動かずドローゲームとなった。スラッシャーズはトータル34本のシュートを浴びるが吉田の好セーブもあり1失点に抑えた。

太平洋設備 vs ZAN 5-1

前節でも6得点奪った太平洋設備はこの試合も攻撃陣が爆発し5得点挙げ快勝。1,2ピリは相手ゴーリーのファインセーブにも阻まれ、なかなか得点することができなかった。しかし相手がやや疲れを見せ始めた3ピリに3ゴール奪い一気に突き放した。#39井上は2G1Aの大活躍でチームの勝利に大きく貢献した。ZANは1P、2PとGK小笠原が粘りの守りで2点に抑える活躍をみせた。だがなかなかシュートまで運べず得点を重ねることができなかった。




#11栗林の活躍で信金GTに競り勝つ、トヨタレンタ熊坂4G1Aの大暴れ
#11栗林の活躍で信金GTに競り勝つ、トヨタレンタ熊坂4G1Aの大暴れ#11栗林の活躍で信金GTに競り勝つ、トヨタレンタ熊坂4G1Aの大暴れ

GT vs 信金バンクスA  3-4

先制は信金バンクス、初加入初試合の#11栗林が開始3分、電光石火のゴールでリードを奪う。対するGTはリーグ屈指のシューター#33篠原のスラップシュートで同点に追いつく。しかしこの試合#11栗林のゲームメークが光り2G1AとGTを突き放す。第3ピリオド#1加藤、#16永井が連続ゴールを奪うも1歩及ばず。信金Aが開幕2連勝を飾った

 

North Stars vs トヨタレンタリース  1-6

It's 「熊坂 DAY」と言わんばかりの熊坂選手大活躍の試合でした。第1ピリ3分に#11伊勢のゴールをアシストで演出すると、その後は4ゴールと大暴れ。NorthStarsもトータル25本のシュートを放つもトヨタレンタ守護神くりたが圧巻のスーパーセーブ連発。第2ピリ12分にNorth#21福島が1点を返すもそこまで。トヨタレンタがビアリーグ初勝利をおさめた。




Divプレミアム大激戦!GG開幕2連勝、EPGと信金Bはともに勝ち点1
Divプレミアム大激戦!GG開幕2連勝、EPGと信金Bはともに勝ち点1Divプレミアム大激戦!GG開幕2連勝、EPGと信金Bはともに勝ち点1

GG Twins vs All Stars 4-2

第1ピリオド2点をリードしたGG Twins、第2ピリオドに入り昨年覇者All Starsが猛反撃。#3かおりん→#9江口と繋いで#6菊田のゴール!その4分後には#5かな→#4かんちーと繋いで#8しんのゴールでついに同点に追いつく。しかし今季本気で優勝を目指すと公言するGG、#24井向、#5水口の両エースが見事なゴールを決め勝負あり!GGは開幕2連勝を決めた。

 

EP Girls vs 信金バンクスB 3-3

今季70歳を迎える#49石田のゴールでEPGが先制、しかし第2ピリオドに入って形勢が一気に逆転、#36川島、#9ツーの2連続を含む3ゴールを奪い勝負あり!かと思いきや、今度はEPGが反撃。チーム大黒柱#23小松田、そして試合終了2分前、#15星の値千金ゴールでついに同点。今季初対戦はドローという結果に終わった。




江南OB粘り勝ち、SK大量8得点奪い快勝!
江南OB粘り勝ち、SK大量8得点奪い快勝!江南OB粘り勝ち、SK大量8得点奪い快勝!

コレクターズ vs 江南OB 2-3

この試合も一瞬も目が離せない緊迫したゲームとなった。1ピリはなかなかシュートまで運べず苦しい展開だった江南OBだったが2ピリからパスが繋がり始め本来の調子を取り戻す。2ピリに逆転に成功し逃げ切りたいところだったがコレクターズの猛攻を浴び3ピリ9:38に同点に追いつかれる。懸命に守る中#20和田がいい位置でパスを受けゴールを決める。この一点が決勝点となり江南OBが勝ち点3を手にした。コレクターズは下重兄弟や池田兄弟、田川を中心とした攻めでトータル40本のシュートを放ったが江南0B守護神平岩のファインセーブもあり2点に抑え込まれた。

SK釧路 vs アスリートイン 8-4

SK釧路の攻撃陣が爆発し8ゴールを奪い快勝した。試合開始3分で3ゴールを挙げ流れを作ったSK釧路はその後も危なげないゲーム運びで連勝を飾った。#23まっちゃんは2G1Aの活躍で見事ゲームベストプレーヤーに選出された。一方アスリートインは新加入の田中のが全得点に絡む活躍をみせ一時は1点差までリードを縮めるが及ばなかった。次戦に期待したい




試合は最後までわからない
試合は最後までわからない試合は最後までわからない

LIGHTNING vs 釧路市役所 7-6

2年連続優勝でDivPから一気に駆け上がってきたLIGHTNING。釧路ビアリーグ2019Div3で挑む最初の試合は3ピリに5得点し逆転勝利を収めた。中でも#24木村は3G1Aの大活躍でチームの勝利に大きく貢献した。試合終了前15秒で#71久光が挙げたゴールも素晴らしいものだった。釧路市役所は3ピリ5分まで自分達のペースで試合を進めていたかと思われたがLIGHTNINGの勢いをとめきれなかった。それでも#70乙黒は3G1Aとこちらも大活躍だった。

ブリュンヒルデ vs SILK 4-4

1試合目の試合に引き続きこの試合も最後の最後まで目が離せない展開となった。ブリュンヒルデは#88高田のゴールで勢いにのると#10竹内、#91ぐっさんのゴールでSILKを突き放す。また守護神吉田が安定したセービングでゴールを守る。SILKは昨年も活躍した村山や蝋山が起点となりピリオドを重ねるたび調子をあげていく。第3ピリオド追い上げるSILKは残り4分で1点差まで詰め寄る。時間が刻々と進む中そのまま終わるかと思われた試合終了1秒前#72村山が値千金の同点ゴールを挙げた。#72村山はハットトリックをきめた。




Div4開幕!太平洋設備多彩な攻撃で快勝!
Div4開幕!太平洋設備多彩な攻撃で快勝!

スラッシャーズ vs 太平洋設備 4-6

太平洋設備が試合開始直後から多彩な攻撃でスラッシャーズを攻め立てる。中でも#18エース平鍋とゲームベストプレーヤーにも選出された#11木村は共に2G1Aという大活躍だった。今季初参加となった#56的野もアシストをマークした。対するスラッシャーズは少ないチャンスの中でも4得点奪う粘りをみせた。#12前田、#8小竹は釧路ビアリーグ初出場初ゴールをマークした。太平洋設備は悲願の優勝に向け上々なスタートを切った。

釧路トヨタ vs 政輝通商 9-3

初参加となった政輝通商は1ピリに3連続失点で苦しい展開となる。だが1ピリ終了間際#16中堀がPSをものにし1点返すと、さらに2ピリ13:48#88小島のゴールで1点差まで詰め寄り粘りを見せる。一方1ピリの得点以降チャンスをつくるが得点を奪うことができない釧路トヨタは3ピリ2:15に#7松田のゴールで再びリードを広げる。スイッチが入った釧路トヨタはそこからゴールラッシュ。3ピリだけで6ゴール奪い一気に政輝通商を突き放し白星スタートをきった。2ピリまで食らい付いた政輝通商だったが後半疲れもみえ突き放された。




Div1開幕!!
Div1開幕!!

江南OB vs SK釧路 1-2

昨シーズンのプレイオフファイナリストの2チームがいきなり激突した。SK釧路はクレインズで活躍した佐藤博史選手等を加え今季を迎える。目標はやはり優勝である。対する江南OBは2年前守備の要となった小林が再びビアリーグに戻り連覇を目指す。試合は昨季のファイナル同様大接戦となった。SK釧路#12緒方が先制点を挙げチームに勢いを与えると、1ピリ8分には#87金川のゴールでリードを広げる。その後も若さ溢れるプレーで江南OBを攻め立てる。苦しい展開の中一瞬の隙をついた江南OBは#8佐々木が抜け出し1点差に詰め寄るものの、追いつくことができず江南OBは黒星スタートとなった。

アスリートイン vs コレクターズ 2-4

コレクターズは新加入の田川、下重真を中心とした攻めでアスリートインから4得点奪い快勝。中でも池田兄弟の弟大貴が2G1Aの大暴れ。見事ゲームベストプレーヤーに選出された。また守っても諸井がファインセーブを連発。ピンチを何度も救った。アスリートインは1ピリ、2ピリとパスが噛み合わずシュートまでなかなかもっていけなかった。だが3ピリで得点こそできなかったがパスがつながりシュート本数も増えていた。今年こそ悲願の優勝を目指す。




今季も大接戦!Div2開幕!!
今季も大接戦!Div2開幕!!

信金バンクスA vs NorthStars 2-1

信金バンクスAは新加入の#55坂東、#44小笠原の加入により昨シーズンより厚みのある攻撃となった。今季こそ悲願の優勝を目指す。一方昨シーズン惜しくも準優勝となったNorthStarsは王座に返り咲く為に更なるチームワーク、チーム力を上げ今季に臨む。接戦となったこのゲームをものにしたのは信金バンクスAだった。新加入の小笠原が先制点をチームに献上し、また#4石田が今季も決勝ゴールを決め白星スタートをきった。NorthStarsは#78高田の技ありのPSで同点に追いつく意地を見せたが一歩及ばなかった。

トヨタレンタリース vs GT 2-3

今シーズンから初参戦となった両チーム。この試合も1試合目と同様に1点を争う好ゲームとなった。先制したGTは#10山倉の追加点でリードを広げる。その後1点返されるが#24k-yamaneがPSを沈め勝負を決めた。先制点を挙げたGT#14村上はビアリーグ初出場初ゴールとなった。また、この試合のゲームベストプレーヤーにも輝いた。トヨタレンタリースはゲーム終了間際でPSチャンスをつかみ同点に追いつくチャンスがあったが決めることができず黒星スタートなった。




KBL2019Div.P開幕!!
KBL2019Div.P開幕!!

信金バンクスB vs GGツインズ 1-9

2019KBL開幕ゲームを勝利を手にしたのはGGツインズ。昨シーズンは思うようなプレーができず苦しんだが今季は一味違うようだ。自慢のパスワークで相手を翻弄し計9得点の大暴れ。特にこの試合ゲームベストプレーヤー(GBP)にも選出された#22佐藤正人は3G3Aの大活躍を見せた。信金Bはターンオーバーからチャンスを何本か掴むが得点まで結びつかなかった。

ALLSTARS vs EPGirls 1-2

昨季チャンピオンのALLSTARSは数名のニューフェイスも加わり2連覇を目指す。EPGirlsは教育大学女子と公立大学女子の混合チームとして優勝を目指す。先制したのはALLSTARS。FaceOff直後に#6菊田が電光石火の先制パンチを与える。勢いに乗るALLSTARSはシュートを集めるがなかなか追加点を奪えない。EPGは少ないチャンスのなか1ピリ終了間際に#16白幡がこぼれ球を押し込み同点に追いつく。両者一歩も引かない中試合終了2分前EPG#15星が逆転ゴールを奪う。この得点が決勝点となりEPGが逆転勝利。この試合のGBPは2AをマークしたEPGirlsの#3佐々木選手だった。




釧路ビアリーグ明日開幕!!
釧路ビアリーグ明日開幕!!釧路ビアリーグ明日開幕!!

ついに明日から2019釧路ビアリーグの開幕です!!

今季は新規チームが4チーム(1チームは寄せ集め)も増え、参加者も350人となりました!!
ここまでリーグが大きくなったのも皆様のお力添えのおかげと深く感謝しております。

レギュラーシーズン、プレイオフと約3ヶ月の戦いとなりますが怪我なく皆様が楽しくホッケーができたらなと思います。私達も全力で運営して参ります!

また今季も多くの企業様からご協力をいただいております。誠にありがとうございます!!

 

スケジュールの見落とし、会場や時間の間違えには十分にお気をつけてください!

今季もどうぞよろしくお願いします!!!

 

また釧路ビアリーグ公式LINE始めました。

毎週のハイライト動画配信、そして急なスケジュール変更、ゴーリー不在などの急なメンバー補充などお気軽にお問い合わせが可能です。

是非この機会に弊社のLINEアカウントへのご登録お願い致します。

https://line.me/R/ti/p/%40mpb7717f

 

 

 




いよいよ4月8日開幕です

お待たせいたしました。釧路ビアリーグ2019、いよいよ開幕します!!

 

今季は例年の3点差ルールのバージョンアップルールとなっておりますので以下ご確認ください。

Aランクの選手〜1点差リードの時点で、2点目のゴールはノーゴール。

Bランクの選手〜2点差リードの時点で、3点目のゴールはノーゴール。

Cランクの選手〜3点差リードの時点で、4点目のゴールはノーゴール。

 

ルール・規約等は大きく変わっておりませんが、以下の点にご注意いただきますようお願い致します。

1,故意、偶然に関わらずゴーリーと衝突した場合はゴーリーインターフェアランスとなります。

2,女子の国際ルール同様、体の競り合い(ボディコンタクト)は反則対象にはなりません。あくまでもボディチェックについては厳しくジャッジいたします。ただし男性による女性プレイヤーへのコンタクトについては各選手充分に配慮をお願い致します(危険と見なした場合は反則対象となります)。ボディチェックの基準については当サイトの釧路ビアリーグ競技規則・規約をご確認下さい。

3,国際ルール同様、スティックを使って引っかける行為については厳しくジャッジいたしますのでご注意下さい。

4,審判や相手選手への暴言、暴力について例年以上に厳しく対処いたします。異議がある場合は審判ではなく直接スーパーバイザーにお申し出下さい。納得いくまでしっかりと話し合いをさせていただきます。

 

ルールをしっかりと守りながら、とことん勝利にこだわって楽しんでいただければ幸いです。

今季も盛り上がっていきましょう!!




釧路ビアリーグ2019 参加チーム募集開始!
釧路ビアリーグ2019 参加チーム募集開始!

大変長らくお待たせ致しました。

いよいよ釧路ビアリーグ2019のエントリー開始となります。昨年同様まずはチーム申込み受付、その後各チームの不足人数を確定した後、個人(及びグループ)申込みを受け付けます。従って個人申込みは必要人数に達した時点で締切となりますのでご了承下さい。

釧路ビアリーグ2019

開催期間:2019年4月〜7月(予定)

デビジョン:5〜6クラス、各デビジョンは4〜5チーム(予定)

試合数:8試合+プレイオフ最高3試合(予定)

参加資格:スポーツ保険加入済みの20歳以上の成人及び保護者の承諾を得た18歳以上の未成年

参加費:お一人様15,000円税別(助っ人登録していただけるゴーリーは参加費半額)

参加募集:チーム登録ー2019年1月15日〜2019年2月20日、個人及びグループ登録ー2019年2月21日〜3月15日(追加募集3月16〜3月29日)

※個人・グループ登録は必要人数に達した時点で締切とさせていただきますので、申込み開始日になりましたらなるべくお早めに登録いただきますようお願いいたします。

 

登録方法:下記サイトより参加者それぞれお申し込みください。チーム登録の場合も必要情報や誓約書同意等の手続きもございますので、代表者の負担軽減のためにも参加者それぞれでお申し込みいただきますようお願い致します。

https://www.proformance-sports.com/kbl-application/

 

※チーム内で参加者が確定していない場合でも事前に参加意向をお知らせいただければ優先的に参加枠を確保いたします。各クラス参加チームが定数に達し次第、チーム単位のお申し込みを締切りさせていただきます

※個人及びグループ参加者につきましては、2月までのチーム登録状況によって各クラスの必要人員を決定し、お申し込みいただいた順番で各チームに配属いたします。従って必要人員以上の個人お申込みがあった場合は、やむを得なく参加をお断りする場合やグループが別々のチーム配属になる場合もございますので予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

※参加申込み後、参加費は2019315日までにお支払いいただきますようお願い申し上げます。参加意向を表明されたチーム(個人)でもお支払いが無い場合は、確保した参加枠を他のチーム(個人)にお譲りする場合もございますのでご理解のほどお願いいたします。




2018釧路ビアリーグ閉幕!
2018釧路ビアリーグ閉幕!

2018釧路ビアリーグ閉幕

2018釧路ビアリーグは昨日行いました表彰パーティをもちまして閉幕となりました。

参加してくださいました選手の皆様本当にありがとうございました。

またご協賛してくださりました企業の皆様にもあわせて厚く御礼申し上げます。

今季はリンク改修工事により開幕が遅れ、また地震等の影響もありスケジュール調整が非常に難しかったと思います。そんな中昨年より参加チームも増え、ディビジョンを1つ増やすことができ5ディビジョンにまでクラスを分ける事ができました。そのことでより実力差が縮まりより緊迫したゲーム、1点を争う攻防が多く見うけられました。プレイオフフィナルではビアリーグ5年目にして初のオーバータイム、シュートアウトまでもつれ込むゲームがでたりしました。お陰様で私達スタッフも毎試合楽しくゲーム運営を行う事ができました。優勝したチームはもちろん個人賞を獲得された選手おめでとうございます。残念ながら優勝できなかったチームの皆様来シーズン優勝目指し頑張ってください。

また来年の釧路ビアリーグ2019に向け、皆様により楽しんでいただけるリーグ環境作りにスタッフ一同励みます。また日本のホッケーを盛り上げるため頑張っていきます。来シーズンもどうぞよろしくお願い致します。皆様本当にありがとうございました。

2019釧路ビアリーグの募集は11月から開始予定です。

優勝チーム

Div1 江南OB

Div2 FLAMES

Div3 SILK

Div4 LIGHTNING

DivP ALLSTARS

最多ゴール賞 

Div1 6ゴール SUZUKI(アスリートイン)  ひろちゃん(SK釧路) 下重貴史(コレクターズ)

Div2 7ゴール ky(ZOO)

Div3 18ゴール 坂東弘一郎(ZAN)

Div4 11ゴール ヒロ(LIGHTNING)

DivP 8ゴール 生江遥香 (教育大学女子)  福原(ALLSTARS)

最多アシスト賞

Div1 7アシスト 成田壱皇(SK釧路) 

Div2 9アシスト ky(ZOO)

Div3 11アシスト 中村晃(SILK)

Div4 10アシスト 木村有吾(LIGHTNING)

DivP 5アシスト しん(ALLSTARS) 佐藤直人、山口美千也(GGTwins) 

最多ポイント賞

Div1 11ポイント 成田壱皇(SK釧路) 

Div2 16ポイント ky(ZOO)

Div3 18ポイント 坂東弘一郎(ZAN)

Div4 17ポイント 木村有吾(LIGHTNING)

DivP 12ポイント 生江遥香(教育大学女子)

最小失点率 

Div1 2.67 野戸貴志(SK釧路)

Div2 2.67 諸井洸哉(信金バンクスA)

Div3 1.4 宮下弘(SILK)

Div4 2.8 城戸雄大(LIGHTNING)

Div5 2.67 しん(ALLSTARS)

最小失点率賞

Div1 89.9%  野戸貴志(SK釧路)

Div2 91% くりた(FLAMES)

Div3 92.6% 宮下弘(SILK)

Div4 88.8% 吉田龍史(信金バンクスB)

DivP 88.4% 北村寿幸(GGTwins)

ベストビギナー

しん(ALLSTARS)

ベストフィメール賞

北上亜未(信金バンクスA)

ベストビアリーガー

竹内元章(江南OB)

ベストシニア賞

生駒助四郎(GGTwins)

ベスト助っ人賞

小枝明弘(信金バンクスA)

フェアプレーチーム賞

釧路教育大学女子

審査員特別賞

河内篤史(SK釧路)

阿賀一将(ZOO)

遠藤雅至(ZAN)

鈴木明夫(太平洋設備)

畠山拓人(釧路トヨタ)

ゆうじ(ALLSTARS)

2018MVP

せいじ(ALLSTARS)




LIGHTNING見事優勝!
LIGHTNING見事優勝!

LIGHTNING vs 太平洋設備 5-3

LIGHTNINGはリーグ戦から負けなしで見事優勝を飾った。第1ピリオド#13ヒロ、#71久光の連続ゴールで幸先よいスタートをきる。第2ピリオドから太平洋設備の猛攻を浴びるが守護神#99城戸がファインセーブを連発する。ただ疲れから試合終了1分前に同点にまで追いつかれるが40秒前にエース木村、1秒前にニュースター久光が得点し見事優勝を飾った。太平洋設備は第3ピリオドに3得点奪う粘りをみせたが届かなかった。




ALLSTARSチームワークで勝利を掴む!!
ALLSTARSチームワークで勝利を掴む!!

ALLSTARS vs 教育大学女子 3-2

ALLSTARSが見事初のサンセットカップを手にした。ALLSTARS#2せいじ、教育大学女子は#37生江といった両チームの中心プレイヤーがゲームを作る。第1ピリオド2-2。両チーム一歩も譲らないゲーム展開をみせる。膠着状態が続くなかALLSTARSせいじが勝ち越しゴールを決める。教育大学女子は大橋、生江、さらに井上が懸命にシュートを放つがALLSTARS守護神しんが防ぐ。最後まで諦めない姿勢をみせた教育大学女子だったが1点が遠く追いつくことはできなかった。




江南OB4年ぶり優勝!!
江南OB4年ぶり優勝!!

SK釧路 vs 江南OB 1-2

江南OBが2014年(第1回大会)ぶりの優勝を果たした。第1ピリオド13:30#13竹内が鋭いミドルシュートを決め先制点を挙げる。対するSK釧路も第2ピリオド#97千葉のゴールですぐさま同点に追いつく。両チーム互いに一歩も譲らないゲーム展開をみせる。その後もスコアは動かず延長戦へ突入し、また延長戦でもお互いチャンスを作るが得点まで結びつかず勝負のシュートアウトへ。後攻の江南OBは2人目の益山がゴールを決め見事江南OBが優勝を手にした。リーグ戦から負けることなくここまできたSK釧路だったが惜しくも敗れた。




FLAMES激闘を制する!!
FLAMES激闘を制する!!

NorthStars vs FLAMES 2-3(SO)

釧路ビアリーグ初のオーバータイムそしてシュートアウトまでもつれたこの激闘を制したのはFLAMES。第3ピリオド1点リードしていたFLAMESだったが、立て続けのペナルティによりパワープレーゴール、ペナルティシュートを決められ逆転を許す。窮地にたたされたFLAMESだったが、ゲーム終了1分30秒前に値千金の同点ゴールを決め延長戦にもつれ込む。更に延長戦でも両チーム得点を決めれず、勝負のシュートアウトへ突入する。1人、2人、3人と両チーム決めきれなかったが、4人目FLAMES伊藤が見事ゴールを決め勝負を決めた。FLAMES守護神くりたも何度もピンチを救った。FLAMESは昨年のリベンジを見事は果たし優勝を飾った。




SILK優勝!
SILK優勝!

SILK vs ブリュンヒルデ 7-5

SILKが今季リーグ戦含め負け知らずで優勝を飾った。4-4で白熱したゲーム展開をみせ迎えた最終ピリオド、#18泉田がゴールを決め逆転に成功すると、9:06に#41村山がこの日ハットトリックとなるゴールを奪いリードを広げる。その後ブリュンヒルデは6人攻撃を仕掛け同点を目指したが、逆にSILKにゴールを許してしまった。SILKが見事チャンピオンを勝ち取った。