ニュース一覧 | What's New

2018釧路ビアリーグ閉幕!
2018釧路ビアリーグ閉幕!

2018釧路ビアリーグ閉幕

2018釧路ビアリーグは昨日行いました表彰パーティをもちまして閉幕となりました。

参加してくださいました選手の皆様本当にありがとうございました。

またご協賛してくださりました企業の皆様にもあわせて厚く御礼申し上げます。

今季はリンク改修工事により開幕が遅れ、また地震等の影響もありスケジュール調整が非常に難しかったと思います。そんな中昨年より参加チームも増え、ディビジョンを1つ増やすことができ5ディビジョンにまでクラスを分ける事ができました。そのことでより実力差が縮まりより緊迫したゲーム、1点を争う攻防が多く見うけられました。プレイオフフィナルではビアリーグ5年目にして初のオーバータイム、シュートアウトまでもつれ込むゲームがでたりしました。お陰様で私達スタッフも毎試合楽しくゲーム運営を行う事ができました。優勝したチームはもちろん個人賞を獲得された選手おめでとうございます。残念ながら優勝できなかったチームの皆様来シーズン優勝目指し頑張ってください。

また来年の釧路ビアリーグ2019に向け、皆様により楽しんでいただけるリーグ環境作りにスタッフ一同励みます。また日本のホッケーを盛り上げるため頑張っていきます。来シーズンもどうぞよろしくお願い致します。皆様本当にありがとうございました。

2019釧路ビアリーグの募集は11月から開始予定です。

優勝チーム

Div1 江南OB

Div2 FLAMES

Div3 SILK

Div4 LIGHTNING

DivP ALLSTARS

最多ゴール賞 

Div1 6ゴール SUZUKI(アスリートイン)  ひろちゃん(SK釧路) 下重貴史(コレクターズ)

Div2 7ゴール ky(ZOO)

Div3 18ゴール 坂東弘一郎(ZAN)

Div4 11ゴール ヒロ(LIGHTNING)

DivP 8ゴール 生江遥香 (教育大学女子)  福原(ALLSTARS)

最多アシスト賞

Div1 7アシスト 成田壱皇(SK釧路) 

Div2 9アシスト ky(ZOO)

Div3 11アシスト 中村晃(SILK)

Div4 10アシスト 木村有吾(LIGHTNING)

DivP 5アシスト しん(ALLSTARS) 佐藤直人、山口美千也(GGTwins) 

最多ポイント賞

Div1 11ポイント 成田壱皇(SK釧路) 

Div2 16ポイント ky(ZOO)

Div3 18ポイント 坂東弘一郎(ZAN)

Div4 17ポイント 木村有吾(LIGHTNING)

DivP 12ポイント 生江遥香(教育大学女子)

最小失点率 

Div1 2.67 野戸貴志(SK釧路)

Div2 2.67 諸井洸哉(信金バンクスA)

Div3 1.4 宮下弘(SILK)

Div4 2.8 城戸雄大(LIGHTNING)

Div5 2.67 しん(ALLSTARS)

最小失点率賞

Div1 89.9%  野戸貴志(SK釧路)

Div2 91% くりた(FLAMES)

Div3 92.6% 宮下弘(SILK)

Div4 88.8% 吉田龍史(信金バンクスB)

DivP 88.4% 北村寿幸(GGTwins)

ベストビギナー

しん(ALLSTARS)

ベストフィメール賞

北上亜未(信金バンクスA)

ベストビアリーガー

竹内元章(江南OB)

ベストシニア賞

生駒助四郎(GGTwins)

ベスト助っ人賞

小枝明弘(信金バンクスA)

フェアプレーチーム賞

釧路教育大学女子

審査員特別賞

河内篤史(SK釧路)

阿賀一将(ZOO)

遠藤雅至(ZAN)

鈴木明夫(太平洋設備)

畠山拓人(釧路トヨタ)

ゆうじ(ALLSTARS)

2018MVP

せいじ(ALLSTARS)




LIGHTNING見事優勝!
LIGHTNING見事優勝!

LIGHTNING vs 太平洋設備 5-3

LIGHTNINGはリーグ戦から負けなしで見事優勝を飾った。第1ピリオド#13ヒロ、#71久光の連続ゴールで幸先よいスタートをきる。第2ピリオドから太平洋設備の猛攻を浴びるが守護神#99城戸がファインセーブを連発する。ただ疲れから試合終了1分前に同点にまで追いつかれるが40秒前にエース木村、1秒前にニュースター久光が得点し見事優勝を飾った。太平洋設備は第3ピリオドに3得点奪う粘りをみせたが届かなかった。




ALLSTARSチームワークで勝利を掴む!!
ALLSTARSチームワークで勝利を掴む!!

ALLSTARS vs 教育大学女子 3-2

ALLSTARSが見事初のサンセットカップを手にした。ALLSTARS#2せいじ、教育大学女子は#37生江といった両チームの中心プレイヤーがゲームを作る。第1ピリオド2-2。両チーム一歩も譲らないゲーム展開をみせる。膠着状態が続くなかALLSTARSせいじが勝ち越しゴールを決める。教育大学女子は大橋、生江、さらに井上が懸命にシュートを放つがALLSTARS守護神しんが防ぐ。最後まで諦めない姿勢をみせた教育大学女子だったが1点が遠く追いつくことはできなかった。




江南OB4年ぶり優勝!!
江南OB4年ぶり優勝!!

SK釧路 vs 江南OB 1-2

江南OBが2014年(第1回大会)ぶりの優勝を果たした。第1ピリオド13:30#13竹内が鋭いミドルシュートを決め先制点を挙げる。対するSK釧路も第2ピリオド#97千葉のゴールですぐさま同点に追いつく。両チーム互いに一歩も譲らないゲーム展開をみせる。その後もスコアは動かず延長戦へ突入し、また延長戦でもお互いチャンスを作るが得点まで結びつかず勝負のシュートアウトへ。後攻の江南OBは2人目の益山がゴールを決め見事江南OBが優勝を手にした。リーグ戦から負けることなくここまできたSK釧路だったが惜しくも敗れた。




FLAMES激闘を制する!!
FLAMES激闘を制する!!

NorthStars vs FLAMES 2-3(SO)

釧路ビアリーグ初のオーバータイムそしてシュートアウトまでもつれたこの激闘を制したのはFLAMES。第3ピリオド1点リードしていたFLAMESだったが、立て続けのペナルティによりパワープレーゴール、ペナルティシュートを決められ逆転を許す。窮地にたたされたFLAMESだったが、ゲーム終了1分30秒前に値千金の同点ゴールを決め延長戦にもつれ込む。更に延長戦でも両チーム得点を決めれず、勝負のシュートアウトへ突入する。1人、2人、3人と両チーム決めきれなかったが、4人目FLAMES伊藤が見事ゴールを決め勝負を決めた。FLAMES守護神くりたも何度もピンチを救った。FLAMESは昨年のリベンジを見事は果たし優勝を飾った。




SILK優勝!
SILK優勝!

SILK vs ブリュンヒルデ 7-5

SILKが今季リーグ戦含め負け知らずで優勝を飾った。4-4で白熱したゲーム展開をみせ迎えた最終ピリオド、#18泉田がゴールを決め逆転に成功すると、9:06に#41村山がこの日ハットトリックとなるゴールを奪いリードを広げる。その後ブリュンヒルデは6人攻撃を仕掛け同点を目指したが、逆にSILKにゴールを許してしまった。SILKが見事チャンピオンを勝ち取った。




SILK見事決勝進出!!
SILK見事決勝進出!!SILK見事決勝進出!!

SILK vs 釧路市役所 4-1

SILKはリーグ戦の勢いそのまま勝利を手にし決勝進出を果たした。ゲームは第1ピリオドから動く。5:24#12楳田が先制すると、#41村山もゴールを奪い連続得点。第1ピリオド釧路市役所に1点返されるが、すぐさま取り返しリードを広げる。第2ピリオドスコアは動かず迎えた最終ピリオド。1:17SILK#72蝋山が貴重な追加点を決めリードを3点にまで広げる。その後釧路市役所の攻撃から何度かピンチを招くが守護神宮下がリードを守りきった。釧路市役所は後半2度のPSチャンスを獲得するが決めきれる事ができなかった。そのダメージも大きく追いつき逆転することができなかった。




ブリュンヒルデ大暴れ!決勝進出!
ブリュンヒルデ大暴れ!決勝進出!ブリュンヒルデ大暴れ!決勝進出!

ZAN vs ブリュンヒルデ 5-8

試合開始直後ブリュンヒルデ#8松山が先制点を決めるとチームが勢いに乗る。続けて#88高田、#55津島、#91ぐっさん、更には#41コーショーも得点し第1ピリオドだけで5得点の猛攻を見せる。第2ピリオド、第3ピリオドも得点を積み重ねる事ができたブリュンヒルデはZANの猛追を振り切り勝利。決勝へと駒を進めた。ZANは第1ピリオドからエース坂東にパックを預けるが、ブリュンヒルデの戦略にはまり上手く得点を積み重ねることができなかった。




LKIGHTNING強し、信金バンクスBを一蹴!
LKIGHTNING強し、信金バンクスBを一蹴!LKIGHTNING強し、信金バンクスBを一蹴!

LIGHTNING vs 信金バンクスB 5-0

LIGHTNINGhは5得点の猛攻をみせ快勝した。第1ピリオド5:18PSチャンスを獲得すると#71久光が確実にゴールを決め先制する。更に#17小松が追加点を加え2-0で第1ピリオドを終える。流れに乗るLIGHTNINGはその後もプラン通りに得点を積み重ねトータル5点の猛攻を見せた。#17小松はハットトリックの活躍もみせチームの勝利に貢献した。信金バンクスBはいくつかゴールチャンスが訪れるが決める事ができなかった。信金バンクスBゴーリー吉田も奮闘するが相手の勢いをとめることができなかった。LIGHTNINGはリーグ戦からの勢いそのまま決勝に臨む。




太平洋設備接戦を制す!!
太平洋設備接戦を制す!!太平洋設備接戦を制す!!

太平洋設備 vs 釧路トヨタ 4-3

最後まで目が離せない戦いは太平洋設備に軍配が上がった。太平洋設備がリードを広げると釧路トヨタが食らい付く。ただ釧路トヨタは得点チャンスは何度もあったが精彩欠くシュートがやや目立ち大事な場面で得点できなかった。また太平洋設備#18平鍋が第3ピリオド6:48に決めたゴールが与えたダメージは大きかった。守っては#90平間が決死のセーブを連発し勝利に貢献した。釧路トヨタは2年ぶりの決勝進出を目指したが届かなかった。




ALLSTARS今季も決勝進出!!
ALLSTARS今季も決勝進出!!ALLSTARS今季も決勝進出!!

ALLSTARS vs 公立大学女子 4-1

第1ピリオドALLSTARS#8福原がゴールし先制すると、続けて#2せいじ、#5かなと連続ゴールで一気に公立大学女子を突き放す。守っては#1さくちゃんの存在感が大きく公立大学女子に隙を与えなかった。第3ピリオドに失点こそするものの危なげないゲーム展開を見せ勝利を手にした。#3土井は今季初ゴール、#5かなは嬉しいビアリーグ初ゴールを記録した。公立大学女子はアタッキングゾーンまで侵入するが良いポジションでシュートを打たせてもらえなかった。ただ#65佐藤はこの試合も得点し今季3ゴールの活躍だった。まだまだ下級生が多い公立大学女子は来年に期待ができる。ALLSTARSは初優勝を目指す。




教育大学女子初の決勝進出!!
教育大学女子初の決勝進出!!教育大学女子初の決勝進出!!

教育大学女子 vs GGTwins 4-3

シーソーゲームを制したのは教育大学女子。先制したのはGGTwins。#24井向が1人で持ち上がりそのままゴールを決める。勢いに乗るかと思われたが、教育大学女子#49石田のゴールでGGTwinsの勢いを止める。その後も激しい攻防を繰り広げ、GGTwinsが1点リードし最終ピリオドに突入する。教育大学女子、GGTwins共に疲労が見える中教育大学女子#1野戸がゴールを挙げ再びゲームを振り出しに戻す。流れに乗る教育大学女子は大黒柱生江が逆転ゴールを決める。その後GGTwinsもギアを上げ果敢にゴールを目指すが、あと一点が遠かった。生江の1点が決勝点となり教育大学女子が初の決勝へ駒を進めた。




SK決勝進出!!
SK決勝進出!!SK決勝進出!!

SK釧路 vs  コレクターズ

SK釧路がコレクターズを破り決勝へ駒を進めた。試合は第2ピリオド4:17素早いパスワークから#1畠山のゴールで先制すると、7:00には#88畑山、更に11:00には#16谷友がコーナーをつく素晴らしいシュートを決め一気にリードを広げる。また第3ピリオド3:28、再び谷友が勝負を決める貴重なゴール挙げた。コレクターズは少ない人数ながらも、飯塚や吉田を中心とした攻めでSK釧路に攻撃を仕掛けるものの、今季絶好調の野戸に阻まれ1点止まり。コレクターズは3連覇を目指したがSK釧路に阻まれ途絶えた。

 




江南OB今季も決勝へ!!
江南OB今季も決勝へ!!江南OB今季も決勝へ!!

アスリートイン vs 江南OB 2-4

リーグ戦2位のアスリートインとリーグ戦3位の江南OBの一戦は接戦の末江南OBが勝利を手にした。第1ピリオド4:10、江南OB#13竹内が貴重な先制点を挙げる。勢いに乗る江南OBは12:45に再び竹内がゴールを挙げリードを広げる。なかなか得点できないアスリートインだったが第2ピリオド13:00#5藤澤のPSゴールで一点差に詰めよる。この得点により流れがアスリートインに傾くかと思われたが、江南OB#21いけぱいが悪い流れを断ち切るゴールを挙げる。勝負の第3ピリオド、先にスコアを動かしたのはアスリートイン。エース#92今橋が技ありのPSゴールを決め再び差を縮める。その後も残りの力を振り絞り怒濤の攻めをみせるアスリートインだったが、江南OB平岩にことごとく阻まれ追いつくことができない。そんな中江南OB#21いけぱいがこの日2点目となる、またアスリートインに白旗を振らせるゴールを決めた。江南OBは今季も決勝へ駒を進めた。




プレイオフ開幕!!波乱の幕開け!
プレイオフ開幕!!波乱の幕開け!プレイオフ開幕!!波乱の幕開け!

信金バンクスA VS NorhtStars 3-5

リーグ戦首位の信金バンクスAとリーグ戦最下位だったNorthStarsとの対決はNorthStarsが勝利を手にした。緊迫したゲームは最終ピリオドで決まった。3-3と同点で迎えた勝負の最終ピリオド、お互いやや疲れも見えるなか1点を巡る激しい攻防が繰り広げられる。信金バンクスAは小枝、松田、石田はもちろん土居や北上もNorthStarsゴールを襲う。ただポストに阻まれたり、名手福田の好セーブがあったりと得点を奪えない。そんな中11:06、NorthStars#76越田が値千金の勝ち越しゴールを決める。同点ゴールを目指し6人攻撃を仕掛けた信金バンクスだったが及ばなかった。プレイオフ一つ目の試合から下克上が起こる波乱の幕開けとなった。




FLAMES決勝進出!!
FLAMES決勝進出!!FLAMES決勝進出!!

ZOO vs FLAMES 1-4

リーグ戦2位ZOOと3位FLAMSの試合はFLAMESに軍配が上がった。第1ピリオド1:20。#9谷口が先制点を叩き込む。第2ピリオドはシュートまで運ぶことができないFLAMESは追加点を奪えない。第3ピリオド、先制後追加点を挙げることができなかったFLAMESは#10長谷川のゴールでようやく追加点を奪う。更に10:10には再び長谷川が高めからのスラップシュートを沈め勝負を決めるシュートを決めた。一方ZOOは人数が少ないながらも#23kyや#87kが果敢にゴールを目指す。だがFLAMES守護神くりたがそれをことごとく阻み1失点に抑えた。FLAMESは長谷川とくりたの活躍もあり決勝に駒を進めた。




KBL2018、いよいよプレイオフスタート

KBL2018参加者の皆様

いよいよ本日よりKBL2018プレイオフがスタートします。レギュラーシーズン不調だったチーム、好調だったチーム、色々あるかと思いますが、泣いても笑ってもこれで最後です。プレイオフ特別ルールにより各チームより緊迫した接戦が予想されます。どうか楽しみながらも優勝目指して熱い戦いを繰り広げてくれることを願っています。

以下プレイオフ特別ルールです

参加条件
・2018釧路ビアリーグレギュラージーズンに最低1試合出場している選手となります
  ただし、今年登録していたが1試合も出場できなかった選手の中で過去にKBLに一度でも出場した事がある選手は出場を認めます(運営側でスキルレベルを把握できている選手)

特別ルール
・プレイオフ特別のA、B、Cランクを実施いたします。(試合当日のメンバー表に記載)
 Aランク選手→2点差になるゴールは認められません。
 Bランク選手→3点差になるゴールは認められません。
 Cランク選手→4点差になるゴールは認められません。
・助っ人選手のアシストは認めますがゴールは認めません

プレイオフ一回戦の流れ
基本的にはレギュラージーズンと一緒
・15分(ランニングタイム)×3ピリオド 
 3ピリ終了時同点の場合はGWSを行う(ホーム側ゴールのみ使用)
 GWSは一回目からサドンビクトリー形式で行います
※同じ選手が何回でもシューターとなる事ができます

プレイオフファイナルの流れ
基本的にはプレイオフ一回戦と同様
・15分(ランニングタイム)×3ピリオド
 ※終了2分前からストップタイムとなります
・3ピリ終了時点で同点の場合は 5分間の3on3の延長戦を行います
 それでも決着つかない場合はGWSを行います(ホーム側ゴールのみ使用)
  ※GWSの進め方はプレイオフ一回戦と同じ

3on3の流れ
5分間(ランニングタイム)のサドンビクトリー形式で行います(得点が入り次第試合終了)
プレー中のみの交代となります(ホイッスル間の交代は認めません)

1試合目が長くなり2試合目の練習時間やピリオド間、最悪の場合は試合時間がが短くなる可能性があります。予めご了承ください。




江南OB逆転勝利!
江南OB逆転勝利!江南OB逆転勝利!

コレクターズ vs 江南OB 2-3

江南OBが第3ピリオドに2ゴール挙げ逆転勝利を収めた。ゲーム前半はコレクターズペース。1ピリ4:05#5吉田がゴールを挙げ先制する。1ピリ10:25に江南OBに追いつかれるが、2ピリ4:34#6下重貴のゴールで再びリードする。勝負の最終ピリオド、これまでコレクターズ守護神谷口の好セーブに阻まれ得点を積み重ねる事ができなかった江南OBだったが、3ピリ開始直後#21いけぱいがゴールを決めゲームを振り出しに戻す。勢いにのる江南OBは6:08#3佐藤がバックハンドながら鋭い角度あるシュートを決め逆転に成功する。コレクターズは再び江南OBに襲いかかるが鉄壁平岩からゴールを奪う事ができなかった。2連覇中のコレクターズはプレイオフでSK釧路と江南OBはアスリートインと対戦する。

 




リーグ最終対決はドローゲーム
リーグ最終対決はドローゲームリーグ最終対決はドローゲーム

SK釧路 vs アスリートイン 3-3

先制したのはSK釧路、素早いパスワークから#88畑山が押し込みゴールを挙げる。更に2ピリにはSK釧路高松がゴールを決め追加点を挙げリードを広げる。これ以上離されたくないアスリートインはエース#92今橋が素早いモーションから鋭いシュートを放ち1点返すと、2ピリ終了間際には#55ヨコがペナルティーシュートを決め同点に追いつく。両チーム激しい攻防をみせ迎えた勝負の最終ピリオド、3:40SK釧路高松がこの日2点目となるゴールを決め再びリードする。このまま終われないアスリートインは#77SUZUKIがターンオーバーからそのままゴールを沈めまたも追いつく。その後も熱戦を繰り広げるもののブザーが鳴りドーローゲームとなった。レギュラージーズン最終戦も非常に見応えのある試合だった。




LIGHTNING全勝でリーグ戦終了!!
LIGHTNING全勝でリーグ戦終了!!LIGHTNING全勝でリーグ戦終了!!

太平洋設備 vs LIGHTNING 5-8

リーグ戦ここまで圧倒的な力をみせたLIGHTNINGはこの日も大暴れ。攻撃では木村、久光、守備では上本が中心となりチームを勝利へと導いた。また#15松永の2ゴール1アシストという活躍も非常に大きかった。太平洋設備は#11木村や#12宮下が2ゴール挙げるなど攻撃力はLIGHTNINGと比べても劣っていなかった。だが決めれるところで決めきれず中盤から少し離された。プレイオフでは両チームどんな戦い方を見せてくれるのか非常に楽しみである。